Crystallization of worthless / 無価値の結晶

ARTWORK

Crystallization of worthless / 無価値の結晶
2021

レジン, 蝋,  顔料
W300mm H300mm D50mm

 

「金継ぎ」とは、日本で使われている、割れた器を修復する技術である。漆と金を使い、器の割れを繋ぎ合わせ、欠けを埋めていく。

器は生活に寄り添う、用の美の結晶であり、金継ぎは、そんな器への気持ちを未来へ繋ぐもの。言うなれば、価値あるものに想いという時間を纏わせ、そのものの価値をさらに高めることに他ならない。

「侘び寂び」と言う、西洋のモダニズムに似て非なる日本特有の概念。このミニマルな美しさに内包される大きな要素は時間である。

本作は、異なる時間軸を持つ素材、つまり凝固点や融点の異なる素材である、レジンや蝋、顔料を混在させながら製作したパネルが元になっている。

そのパネルの割れた偶然性に溢れた線を「金継ぎ」によって表しにし、修復していく。

生活の時間を内包しない、単なる無価値のものを破壊し、一方でその時間性だけを肯定し、未来へ継いでいく。

これは、一見価値のないものを時によって価値化する取り組みであり、無価値な時間の結晶である。

 

 

 

OTHER ARTWORKS

Facebook Instagram Youtube

NEWS LETTER

新作のお知らせ、展示情報などの最新情報をメールにてお知らせします。

Subscribe